香りのお守り捜しの旅:アロマ風水IN横浜

整え風水®グランドマスターティーチャー土志田です。
今日は【香り】のお話し。
 
柑橘系の香りって
多くの人に好まれる香りですよね。

オレンジやグレープフルーツ、レモンなど
さわやな香りのイメージがありますしね^^
そして「氣」を落ち着けてくれる
働きもあります。
なんだかイライラするとき
焦ってしまって、よく足をけがしたり
ぶつけたりするとき、、、
柑橘系の香りで
静かに呼吸してみるといいかも^^
味覚は「酸味」ですが
実は五行で振り分けると
この酸味は「木=肝」に属します。
木=肝がつかさどる感情は「怒り」。
なので、イライラしたときには
柑橘系の香りでその「怒りを静める」というわけです。
イライラしたり、焦ったりすると
カラダをカプセルのように
包んでいる「氣」が乱れるんですね。
「頭にくる」なんていうように
イライラや焦りは、気が上昇して
上半身にあがってしまいます。
そうすると、足下の「氣」が
弱くなってしまい、
足をけがしたり、ぶつけたり
はたまた転んだり…
ということが起きたりするんです。
また、そういうときって
カラダの筋肉も緊張してますから
逆に固まって、転びやすいということも
言えるようです。
緊張してると、何事もうまくいかないのは
皆さんも経験あるかもしれません。

イライラにしろ、緊張にしろ
それは気のバランスが崩れてる状態。
でもそのバランスって
意外に簡単に整えられたりするんです。
文字通り「氣の持ちよう」で。
ちょっとイメージするだけで
意外に足下がどっしり落ち着いたりします。
実は、私もセミナーの前は
足下がしっかり地についてるイメージ、
好きな公園の芝生に素足で立ってるイメージ、
自分の周りを、落ち着いたグリーンのオーラが
取り巻いてる感じ
…と、そのときそのときで
思いついたイメージを頭で描きます。
そうすると、多少緊張はしていても
あがってしまうことはないようです。
映像を描くのが苦手な方は
落ち着く音楽や
それこそ好きな香りをつかっても
いいですね。
そうすると足の裏が、しっかり地をふみしめて
はりついてるような錯覚さえ起きることがあります。
イライラしたくらいで「氣」があがるのですから
その逆に落ち着きたければ
ちょっと足下をイメージすればいいようです。

見えないけれど「氣」の存在は
五行や中医学の中でも
とても重要視されてます。
氣が弱るとカラダ全体も弱り
そこからいろんな不調が起きやすくなります。
もしかしたら、目に見えないものほど
私たちには大切なのかもしれません。
整え風水の“香りのお守り”は、
そんなあなたのココロとカラダのバランスを
いつも優しく整えてくれます♪

あなたが「幸せと豊かさの新しい扉」を開くために必要な
あなたの「開運のアロマ=香りのお守り」は何でしょうか?

===

あなたのバランスを整える五行開運アロマは

【整え屋どしだ:ネットショップ】

で購入できます。

五行開運アロマ

Follow me!