奇跡を起こす方法:人事を尽くして天命を待つ

今日はどんな一日でしたか?

一日が終わって、プライベート時間。

今まで生きて来て、理屈では説明できないことが起こった時、何が起因でそういう結果を生み出したか・・・を考えてみました。

結論は

「人事を尽くして天命を待った時」でした。

 

「人事を尽くして天命を待つ」とは・・・

何かをしようとする時、結果については、どのようになっても後悔しないという思いを決め、その時々に応じて自分のやれることを全てやり尽くし、 あとは、余計なことを考えず、ただ、天から与えられた運命に全てをまかせ、愚痴や不満などを口にしないで時を過ごしてゆく、 という思いを言い表した言葉だそうです。

 

大きな問題にぶつかった時【奇跡を起こす】

何とかしなくては!!

と四苦八苦します。

 

どうしても解決しなければいけない事の時は、まずは優先順位をその問題にフォーカスして、動けるだけ動きます。

 

それは「正解」が解っているときは迷いなく突き進む事が出来ますが

(例えばダイエットとか、受験とか・・・)

 

正解が分からないときは、動きながらも「これでいいんだろうか…」と迷ってしまいますね。

 

私も、そういう問題に何度もぶつかりました。

 

家族の病気、子育て、介護問題・・・

家族外の事では、ご近所の人間関係、仕事の事・・・・など

 

特に子育ては正解がないから、本当にこれでいいんだろうか?…と悩みながら、且つ、良かれと思って一生懸命やっているのに、子供から拒否される(反抗されると)と、本当にどうしたらよいかわからなくなってしまいます。

 

私の場合は、家族の病気の時が辛かったですね。

自分の病気なら、何となく、自覚が出来ます。

今良くなっているのか?

この痛みは我慢してもいいものか?

このドクターの言う事を聞いてても大丈夫か?

・・・

そしていろいろ決断しても全部自己責任なので、「自分で決める事が出来ます」

 

が、

子どもの病気は・・・・解らない。

どの程度痛いのか?

今すぐ病院へ行った方がいいのか?

長患いになるのか?

・・・・・

 

ウチの場合は幼稚園に上がる前の子供の病気だったので、コミュニケーションも取り辛く、一人で不安な日々を送っていました。

 

やれることは全部やる【奇跡は起こる】

私は医者でもなければ、専門知識も無かったので、あれこれ考えるより、やれることは全部やろう!!と決めました。

 

そして極端な言い方だけど,それで何があってもいい‼!と、自然に心が落ち着きました。

 

これこそが「人事を尽くして天命を待つ」

 

言葉ではなく、本当にそういう心境になれた時、事態は何も変わってないけど、何かが変わりました。

「空気」…みたいなものが・・・・

 

すると・・・奇跡が起こりました。

 

私の「気」が落ち着いたとき、子供には全く触れてもいないし、何もしていないのに、子供の病気が治る。

 

そんなことを経験したことがありました。

 

ドクターからも「医学では説明できないけど、治ってる」と言われたくらいの事が、接する人(この場合は私)が変わることで、周りを変える事が出来たんだ…という貴重な体験でした。

 

それも、「変えてやろう」とか「これで何とかしよう」とかそういう意図のあった行動ではなく、

 

まず、

人事を尽くす。

 

あとはお任せ・・・・

 

そういう事、必要なところには起ると信じてます。

まとめ

人事を尽くす・・・・覚悟を決める・・と言ってもいいかもしれません。

この時は子供の命がかかっていから、極限までの事が出来ましたが、振り返ると、なかなかそこまで覚悟を決める事は起こりません。

というか・・・頻繁に起こると、メンタル、持たないでしょうね。

 

ただ、本当に何かに向き合わなければいけないような事態が起こった時は、「今」に集中して取り組むことで、奇跡は起こる・・・と断言できます。

そのためにも必要なのは「自分軸」です。

まずは自分が整っていること

これが出来ていないと、覚悟もできません。

「心」「体」「場」の三方面から徹底的に整えて 90日で開運体質になるメルマガ。

登録していただいた方に開運の2つの得策を無料プレゼントしています!

◆特典1◆

<あなたのおうちをパワースポットに>

開運玄関の作り方 シンプルな3つのポイント

◆特典2◆

<アンチエイジングは血管から>

今日から簡単にできる 血管若返りの5つのメソッド

無料でプレゼントを受け取る!

 ↓ ↓ ↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aobGXzuy

Follow me!