四柱推命で健康を勝ち取る方法

身体があるからこその人生。

整えましょう、身体。

整体の臨床例集はこちら→臨床例

健康って本当に大事ですね。

 

四柱推命で健康を勝ち取る

オプティマルヘルスという考え方

私はオプティマルヘルスを推奨しています。

60代の人と20代の人が同じ身体能力があるわけはなく、「昔は徹夜も平気だったけど、今は無理」・・・・は。体力がなくなったのではなく、当たり前の事。

世代の違う人と健康状態を比べるのは意味ない。

20代なら20代の健康、60代なら60代の健康。

その時その時ベストな状態でいることが「オプティマルヘルス」

だから!!

乱暴な言い方をすると、20代の人は少々無理しても、大丈夫だけど、シニア世代に入ったら、ガタが来て当然の自分の身体を、ケアしてあげなければいけない。

以前と同じような生活は見直さなければいけないのです。

 

東洋思想では「中庸」を一番大事にしています。

これを自律神経に置き換えると、朝目覚めて交感神経が優位になって活動する。

そして夜、副交感神経が優位になって体を休める。

 

このリズムが狂うと、心や身体に負担がかかり、調子を崩していきます。

自律神経もバランスが必要なのです(中庸)

===

こちらのブログもご参考に・・・

【頑張りすぎて鬱になっちゃった経験がある人へ】

===

 

これをもっと大きな流れで見ると・・・・人生で活発に動くべき20代30代40代・・・は交感神経を優位な生き方にしてもいいのでは?

つまり少々の無理をする時代かもしれません。

でも、50代を過ぎると、そろそろ副交感神経を優位にさせて、無理せず体力と相談しながら生活する・・・・そんな人生を大きな曲線で生きるのもいいかもしれません。

 

 

四柱推命でバイオリズムを知って、健康運アップ。

自分の調子のいいとき、悪いとき、それが解っているとそれに合わせた生活スタイルも送れます。

バイオリズムは九星気学でも出せますが、更に精密なモノは、四柱推命がお勧めです。

整え四柱推命講座では、人生の処方箋を作りますので、文字通り、調子の悪い時の対応法が解ります。

✳整え四柱推命パーフェクト講座

大難を小難に、小難を無難に・・・・

これが開運の極意です。

2020年の全体的な健康運は?

2020年の健康んを四柱推命で見てみましょう。

いうまでもなく、2020年前半はとんでもない状態となってしまいました。

でも、四柱推命から見ても、なるほど・・・と残念ながら頷ける流れです。

2020年は「庚子年」

庚は「金」のエレメントなので、支配する臓器は「肺」「大腸」です。

コロナウィルス、まさに肺を直撃します。

エネルギーの流れとして、起こってもおかしくない現象です。

十二支では「子年」

「子」は完了の「了」という字に「一」を加えてできた字です。

なにかを終わらせて、新しく始める年・・・という意味を持ちます。

コロナ問題では、健康を害したり、最悪の場合は死に至った方もいらっしゃいますし、自粛生活でメンタルを崩してしまった人、経済問題で深刻な問題を抱えてしまった人・・・・本当に大変な状態の方が多くいらっしゃること、心が痛みます。

が、起こってしまったことは、避けられないのの事実。

エネルギーが「子」であれば、そのエネルギーを良き方向に利用しましょう。

2020年健康運をあげるためにすべきこと

庚子年は、天からのエネルギーは「金」地からのエネルギーは「水」

そして人のエネルギーは七赤金星「金」です。

残念ながら、金のエネルギーが人間にとって不都合な方向に働いてしまいましたが、「金」と「水」を整えましょう。

金のエレメントの代表的なアロマオイルは、ユーカリ

ユーカリは抗菌効果もあるので、2020年にはぴったりですね。

ユーカリの香りを楽しんでください。

そして、おうちを守るためには、おうちの東エリアと南エリアにユーカリの香りを使って頂く事で「病気」や「災難」を遠ざける事が出来ます。

ちゃんと理論でも説明できるのですが、まずは家族の健康を守るために、おまじない感覚でも良いので、やってみてください。

Follow me!