喜怒哀楽はすべて必要で大切です【あなたの香りのお守りは?】

風水的開運生活:整え屋土志田です。
身体を整えるとバランスのとれた生活が出来、本来のあなたらしい毎日が過ごせます。
これこそが究極の「人生開運法」です。
整体で身体を、整え風水気学で場を整え心も整えます。

 

私は毎晩、キャンドルに火をともしてみたり
アロマを香らせながらヒーリング音楽を聴いたりして
瞑想する時間をとるようにしています。

意外とそういう時にこそ色々ひらめいたりします。
昼間と違って、いろんな雑音がないのもいいのかもしれません。
人のココロも同じことで
静かな平常心のときは
落ち着いて物事を考えられ
広い視野でまわりを見ることができます。

でも、ココロって
なかなかそうはいかないもので
ついいろんな感情を
抑えて、我慢するクセがあったりします。
そのガマンがやがて
カラダに不調という形であらわれるのです。

例えば「怒る」こと。

誰かを傷つけそうな感じもするし
怖い感じもするし
一般的に、あまりいいイメージないですね。

でも、自分が不当な扱いをされたり
見に覚えがないことで非難されたりしたときは
きちんと「自分を守るため」の
怒りを感じるって必要なんです。

叱咤激励っていう言葉もありますし。

そうした必要な怒りまで
すべてガマンしていると
炎の熱が上昇するように
の熱も上昇して、上半身にあがります。

そうすると…

熱が上半身にこもるので
乾燥しやすくなり
肌のトラブル、炎症で膿んだようなニキビ、
なんとなく肌が赤く、黒っぽい、
いつも顔がなんとなく熱を帯びた感じ、
肌質が固い、などの症状がでることも。

「焦り」の感情も実はちょっと似ていて、
やっぱり肌が乾燥したり、小さな吹き出物ができたり
プレッシャーを感じるようなことがあると
急に動悸がしたり、汗がでたり、
カラダがカーッとなることがあります。

これ、すべて「氣」が上半身に
上がってる状態です。

逆に、恐れや悲しみをこらえていると
「氣」が下がり、カラダが冷えやすくなります。

鉱石は外気が冷えると
それにあわせるようにとても冷たくなりますね。

表面には水滴もつきます。

水は物を冷やす働きがあります。

本来、悲しかったり怖かったりして涙となるはずの水が、
それをこらえることでカラダにとどまってしまい
中を冷やしてしまってるようなイメージがします。

悲しみをガマンしても不調がでるんですね。

冷えているので血流やリンパの流れも滞りやすくなります。
そうすると、お肌に必要な
栄養分が行き届かなくなりますね。

悲しみをガマンしているときの肌は、
どちらかというとちょっと冷たくて
外界からの刺激に弱いことが多いようですし
栄養不足なので、肌荒れもしやすいですね。

恐れの場合だと水分代謝がうまくいかず下半身がむくみやすかったり
冷え性だったりするようです。

すべて「氣」が下がってしまってるので
熱をさげてるようなイメージがあります。

人の感情って、何も思うがまま
傍若無人に出すのではなく
いま、自分が感じたココロを
「否定しない」ってことが大切と思います^^

そして、そのときに感じた感情は
昔々、あなたが小さかったときにも
ガマンし続けていた感情だったかもしれません。

喜怒哀楽ありますが、
どの感情も大切。

どれも必要。

否定せずに認めるっていう感覚を
皆さんにも是非、感じていただけたらと思います^^

整え風水の“香りのお守り”は、
そんなあなたのココロとカラダのバランスを
いつも優しく整えてくれますよ。

===

たった5本のアロマで人生の勝利者になれる。

あなただけのお守りアロマは何でしょう?

整え四柱推命を学ぶとそれが解ります。

Follow me!